やりすぎは厳禁だけど必要な男のスキンケア

最近の男性は、ネイルケアをしたり化粧をしたり、とっても女性的です。
男性的なワイルドな人が好みの私は、余りにも女性的な男性は少しひいてしまいます。
ですが、主人は余りにもワイルドすぎて、若い頃はそれでも良かったのですが年を重ねる毎に肌はゴワゴワ、髭反り後はカサカサ、ちょっと首もともたるんできて、ちょっとヤバイ方向に年を取ってる?!と思ってしまいます。
一方で、元カレはとても美意識の高い人で、私よりもスキンケアに時間とお金をかける人で、これはこれで私の女性としての立場もなくとても嫌でした。
こんな両極端な経験を経て、これくらいのスキンケアをしてくれたらちょうどいいのに、という乙女心を打ち明けてみたいとおもいます。
まず、簡単でそれほど時間やお金はかけなくていいのでスキンケアはしてもらいたいところ。
男性は皮脂が多くて仕事帰りはべとついているし、髭反り後はカサカサ。
ですので、女性としては洗顔と髭反り後の保湿程度してくれたらいいなぁと思います。
洗顔は泡で出てくるタイプなんかが時間もかけずに良いのではないでしょうか。
そして毎日髭を沿った後に、さりげなく保湿をしてもらいたいので、化粧水、乳液、なんてちまちま時間をかけるよりサッと済ませられるオールインワンジェルなんていかがでしょう。
この二点導入なら、仕事から帰って、シャワーを浴びたついでに洗顔をして、髭を沿って体を拭くときにささっと保湿、すぐにツルツルピカピカの出来上がりです。
髭反りの後、そのままでもツルツルなのは30代まで。40も半ばになってくると、手入れの有無は肌に現れてくるのは女性も男性も一緒。
男性にも保湿ケアは必要だと思います。
ただ、やはり何度も言いますが、パートナーよりもお金をかけたスキンケア商品で、女性よりも長い時間チマチマとスキンケアされるとあまりいい気持ちはしません。
女性によるかも知れませんが、本能的に女性らしさを女性より越えられると、立場がないのです。
パートナーの美意識に合わせて適度にスキンケアを導入する事が大切だと思いますよ。